新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険被保険者資格証明書の取り扱いについて

ページ番号1005018  更新日 令和2年5月28日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症に係る国民健康保険の受診について

国民健康保険の被保険者資格証明書を交付されている方について、新型コロナウイルスの感染の疑いがあり、帰国者・接触者外来を受診した場合は、資格証明書を提示することで保険証を提示したときと同じ窓口負担割合で受診することができます。

これにより、一部負担金(自己負担)は3割または2割となります。

この取り扱いは3月診療分から適用されますので、受診する場合は資格証明書をご提示ください。

(注意1)70歳から74歳までの方は一部負担金が2割となりますが、所得によっては3割となります。

(注意2)この取り扱いは帰国者・接触者外来の受診に限るものであり、一般外来を受診した場合は通常どおり一部負担金は10割(全額自己負担)となります。

また、新型コロナウイルス感染症の方が、宿泊療養及び自宅療養期間中に医療機関を受診した場合は、資格証明書を保険証として取り扱いいたしますので、資格証明書を医療機関にご提示いただきますようお願いいたします。

 

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部 保険年金課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
国保給付係 電話番号:0248-88-9135 ファクス番号:0248-94-4561
国保税係 電話番号:0248-88-9136 ファクス番号:0248-94-4561
年金高齢者医療係 電話番号:0248-88-9137 ファクス番号:0248-94-4561
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。