地方活力向上地域における固定資産税の課税免除および不均一課税

ページ番号1002039  更新日 令和5年8月3日

印刷大きな文字で印刷

概要

地方での安定した雇用の創出を図り新たな人の流れを生み出すことを目的に、福島県が国の認定を受け策定した「地域再生計画」に基づき、東京23区などから本社機能を移転または拡充するため、一定の事業に使用する土地、建物、償却資産などを新設または増設した事業者は、3年度分に限り、固定資産税の課税免除または不均一課税による優遇措置を受けることができます。
対象となる固定資産は、特別償却設備として新設または増設した家屋や償却資産です。また、その敷地である土地も対象となります。

対象となる事業者

福島県が作成した地域再生計画(福島県地方活力向上地域特定業務施設整備促進プロジェクト)に基づき、東京23区にある本社機能を移転する等の「地方活力向上地域特定業務施設整備計画」を作成し、県知事の認定を受け、特定業務施設(注)の新設または増設をした事業者です。

注:特定業務施設とは
本社機能を持つ業務施設で、調査・企画部門、情報処理部門、研究開発部門、国際事業部門、その他管理業務部門のいずれかを有する事務所または研究所、研修所であって、業種に制約はありませんが、重要な役割を担う事業所が対象となります。なお、工場、店舗などは対象となりません。

事業者の認定要件

  1. 令和4年3月31日までに県の「地方活力向上地域特定業務施設整備計画」の認定を受けて、2年以内に特定業務施設を新設または増設すること。
  2. 特定業務施設において、常時雇用される従業員数が5人(中小企業者の場合は2人)以上であること。
  3. 特定業務施設において、増加させる従業員数が5人(中小企業者の場合は2人)以上であること。加えて、東京23区にある本社機能の移転の場合は、増加させる従業員数の過半数が東京23区にある事業所からの転勤者であること。
  4. 事業期間が福島県の計画期間内の令和6年3月31日までであること。

適用税率

適用税率

事業

年度

税率

【移転型】法第17条の2第1項第1号に掲げる事業
東京23区から本社機能を移転する場合

初年度

0

第2年度

0

第3年度

0

【拡充型】法第17条の2第1項第2号に掲げる事業
東京23区以外からの本社機能の移転や地方に本社
がある事業者が本社機能を拡充する場合

初年度

0

第2年度

100分の0.14

第3年度

100分の0.14

  • 課税免除・不均一課税の期間:固定資産税を課すべき最初の年度から3年度分
  • 本市固定資産税税率:100分の1.4

提出書類

固定資産税課税免除又は不均一課税申請書
固定資産明細書(付表1)
見取図(課税免除または不均一課税対象となる固定資産が明示されているもの)
地方活力向上地域特定業務施設整備計画、当該計画を認定した旨の通知書の写し

提出期限

申請書の提出期限は、毎年1月31日(休日の場合には、翌開庁日)です。

注:申請者氏名を自署(手書き)した場合は、押印不要です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

財務部 税務課
〒962-8601 須賀川市八幡町135
税制係 電話番号:0248-88-9123 ファクス番号:0248-94-4564
市民税係 電話番号:0248-88-9124 ファクス番号:0248-94-4564
固定資産税係 電話番号:0248-88-9125 ファクス番号:0248-94-4564
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。